JUGEMテーマ:絵本紹介

 

ようやく下の子たちも生後半年を過ぎて夜長く眠ってくれるようになって生活のリズムが整ってきました。

 

年が明けてすぐ、市の4か月検診を受診してきました。

青森市ではブックスタート事業に参加しており、この検診でひとり一冊絵本が貰えます。

他はどうか分かりませんが、こちらでも毎年『いないいないばあ』を貰えます。

手持ちの絵本と被っている時・上の子で貰っている時は別の絵本と差し替えられます。

双子の場合は二種類貰えるらしいよ〜と事前に聞いてはいました。

長男の『いないいないばあ』は、背表紙も中のページもボロボロ。

せっかくだから綺麗なものを改めて貰って、もう一冊別に貰おうかななどと考えていたのですが。

 

「お兄ちゃんは貰ったの?こちらからどうぞ〜」と案内された先にはなんと三種類も!

『がたんごとんがたんごとん』

がたんごとんがたんごとん (福音館あかちゃんの絵本) [ 安西水丸 ]

価格:864円
(2018/4/26 00:10時点)

『くっついた』

くっついた [ 三浦太郎 ]

価格:864円
(2018/4/26 00:10時点)

『だっだぁー』

だっだぁー愛蔵版 赤ちゃんのことばあそび (主婦の友はじめてブックシリーズ) [ ナムーラミチヨ ]

価格:918円
(2018/4/26 00:10時点)

しかも「(双子それぞれの顔を見て)ひとり一冊ずつどうぞ〜」と嬉しいお言葉。

え!?いいんですか!!!やったね!!!

『がたんごとん〜』は長男が既に持っているので残りの二冊を貰ってきました。

 

 

長男にも双子にもウケがいいのがこちら。

『だっだぁー』 ナムーラミチヨ (主婦の友社)

だっだぁー愛蔵版 赤ちゃんのことばあそび (主婦の友はじめてブックシリーズ) [ ナムーラミチヨ ]

価格:918円
(2018/4/26 00:10時点)

試し読みはこちら

 

 

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

以前ご紹介した絵本『あかちゃんがやってきた』。

二度目の妊娠で「お腹を蹴るのをやめてくれ〜」とお腹に赤ちゃんがいる事を分かってもらおう!と購入した絵本です。

記事参照 : 2歳児にはちょっと早かった『あかちゃんがやってきた』

購入した頃はちょうど2歳になったばかりだった息子。

絵本を読んだものの内容はさっぱりわかっておらず、背景の小物を延々チェックしていました。

イラストも可愛いし気持ちは分かる……まぁお腹を蹴ったぶつかったりしなくなってきたからまぁ良いか!と思っていたのですが。

二歳六か月を過ぎた今、絵本を読んだ反応が急に変化してきたのです!

一体どうしたんだ息子!という訳で二度めの紹介になります。

 

 

『あかちゃんがやってきた』角野栄子・作 はたこうしろう・絵(福音館書店)

あかちゃんがやってきた (こどものとも絵本) [ 角野栄子 ]

価格:972円
(2017/8/21 13:13時点)

試し読みはこちら

 

 

 

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

最近は後期悪阻なのか、夕方から数時間、具合が悪いので寝かしつけは夫にお願いしています。

母ちゃんの寝かしつけだとなかなか寝ないくせに、お父さん相手だとえらくいい子な息子。

絵本をせがんだり高い高い等の体を使った遊びをせがんだりはしますが、眠くなったらすんなりと布団に入っていきます。

そして「ばいば〜い!」と隣室へ引っ込むお父さんに手を振って就寝。30分程で寝入ります。

母ちゃん相手ではそこから「ここ!」と隣を指さし添い寝を命令。

「かっか?」「かっか」と呼びながら抱き着いたりおっぱいを触ったり、思う存分甘えるのを一時間近くやってから寝入ります。

なんだろうかこの違いは……。

母ちゃんに気を許してくれているのかしら……それなら……まぁ……いいか。

そんな息子の寝かしつけに2歳になる頃まで読み聞かせていたのがこちらの本。

 

『ねんねんよう』こどものとも012 2017年4月号 神沢利子・作 鎌田暢子・絵 (福音館書店)

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

寝かしつけに悩んでいるお母さん・お父さんは多いと思います。

我が家は幸運なことに、とてもよく寝る息子で寝かしつけや夜泣きで深く悩んだ事があまりありません。

生まれた時からよ〜く寝る子で、泣く時もすごくささやかな声で「ふぇぇん……」と泣く子でした。

夜も眠ると夜中に一度少しぐずるくらいで、腕枕をしたり抱っこしたりすればすんなりと落ち着いてくれました。

ただ、一歳半を過ぎた頃から、どうしてもお昼寝してくれない。

保育園ではみんなと一緒にぐっすり寝ているらしいのですが、おうちが嬉しいのか母ちゃんが居るのが嬉しいのか、遊びたがって寝ない……。

息子よ……今寝ないと夕方に大泣きして大変なのはお前なんだぞ……。

その頃、テレビでものすごいに話題になり、職場にも大量に入荷していたこちらの寝かしつけ絵本を購入してみました。

 

『おやすみロジャー』 カール=ヨハン・エリーン 三橋美穂・訳 (飛鳥新社)

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本 [ カール=ヨハン・エリーン ]

価格:1,399円
(2017/8/9 14:19時点)

試し読みはこちら

 

JUGEMテーマ:絵本紹介

 

書店の仕事をしていて夏だなぁ、と感じる時というのがいくつかあります。

昼間から小学生が買い物に来ると「そっかぁ……夏休みかぁ……」。

普段はNHKテキストや週刊誌を買いに見えるご年配の方が絵本や幼児雑誌を会に来ると「夏休みでお孫さんが来るんだろな」。

出版社から入荷する販売セット(テーマや出版社ごとにおすすめの本が入っている)が「夏休みの自由研究セット」。

各漫画出版社のオマケ・配布物と共に入荷する「ナツコミ」「角コミ」等々。

中でも長年文庫関係を任されていた事もあって、母ちゃんが一番夏を感じるのが夏の文庫フェア三銃士。

Yonda!のイメージがまだ抜けないけど今はロボットのキュンタがマスコット!『新潮文庫夏の100冊』!

こちらもハチさんからネコのよまにゃに世代交代!芸能人・映画・漫画家とのコラボが熱い!『集英社文庫ナツイチ』!

アニメ・コミックとのコラボに強い!今年もかまわぬコラボもあるよ!『角川文庫カドフェス』!

大体6月末〜7月初めにこれらのセットが届くのですが、これが届くと「夏だな〜!今年はどうすっかな!」という気持ちになります。

この中の新潮文庫でYonda(の2代目)をデザインされていたのがイラストレーターの100%ORENGE。

及川賢治さんと竹内繭子さんのご夫婦でお仕事をされています。

Yondaや雑誌『母の友』の表紙のイラストを担当されている印象が強くかったのですが、たくさんの絵本も手掛けていらっしゃいます。

中でも息子が気に入っているのがこちら。

 

 

『ちゃぷちゃぷ ぷーん』こどものとも0.1.2 2017年2月号 得田之久・文 及川賢治・絵 (福音館書店)

 

 

続きを読む >>

7