JUGEMテーマ:絵本紹介

 

息子は犬か猫かで言えば猫派ですが、くまも好き。

50cmのプーさんぬいぐるみは生後半年の頃から気に入って一緒に遊んでいるし、

母ちゃんが新婚の頃に買って貰ったくまのジャッキーぬいぐるみのものになって一緒に寝ています。

絵本にくまキャラが出てくると「(く)まー!」とにこにこ。

そんな息子が気に入っている絵本がこちら。

 

『こんにちは』 わたなべしげお・ぶん おおともやすお・え (福音館書店)

こんにちは (くまくんの絵本) [ 渡辺茂男 ]

価格:972円
(2017/7/26 13:46時点)

 

 

 

みんなに「こんにちは」

くまのおとこのこが出会う人(動物?)に「こんにちは」と挨拶をしていく絵本です。

最初はおはなに始まって、すずめ、ねこ、いぬ、ゆうびんやさんにぎゅうにゅうやさんと挨拶の相手も少しずつ大きくなっていきます。

「おはなさん」「すずめさん」とさん付けをして、きちんと頭を下げて相手の顔を見て、

「こんにちは」と挨拶をするくまくんの可愛らしいこと。

おかあさんとおとうさん(なぜかお母さんはおかあさん呼び、お父さんはパパ呼び)にも「こんにちは」。

最後はぱぱに抱っこされて「やあ こんにちは」と挨拶を返されてにこにこ。

 

 

 

スキンシップのきっかけに

挨拶が題材なのが身近に感じるのでしょう。

「こんにちは」とまだ言えない息子ですが、絵本を読みながら一緒にぺこりと頭を下げる仕草を見せてくれます。

面倒なのか絵本を見るのに集中しているのか、そういう時は頭を軽く上下に揺らすのでただ頷いているようにしか見えませんが。

次々現れるキャラクターに「あ!」と指さして目を丸くしています。

一番のお気に入りはやぎのぎゅうにゅうやさんのようです。

母ちゃんは、こんにちはされたおかあさんが「かわいい かわいい!」と子どもを抱き上げて頬ずりするシーンに深く共感。

分かる。可愛い仕草とか行動とかされると、抱っこして頬ずりしたくなるよね……!

絵本の中の出来事を再現して欲しがる息子ですが、この頬ずりだけはちょっと迷惑そうな顔をするのであまりやりません。

なんでだろう。普段からやってるから鬱陶しがられているのかしら……。

でもそのあと、おかあさんがくまくんを「まて まて」と追いかけてみせるシーンは再現を求められます。

まてまて〜とゆっくり追いかけると、にこにこしながら部屋の隅へ。

いつも決まった場所でぎゅーっと抱っこされるのが好きなようです。

最後のぱぱに抱っこされるシーンも気に入っているのでしょう。

絵本を読み始めた6月頃から、仕事から帰ってきた夫に真っ先に駆け寄って抱っこをせがむようになりました。

 

 

挨拶になじんできた2歳児

先ほども書きましたが、まだ言葉で挨拶ができない息子。

朝、おばあちゃんやおじいちゃんに「おはよう」と言われても、じっと見つめ返すだけでしたが、

絵本を読み始めた6月頃、2歳4か月頃から「おはよう」「こんにちは」「おかえり」の言葉に、うんうんと頷いてお返事をするようになってきました。

最近では頷いたあとに、えへへ〜と笑顔を見せてくれます。

挨拶が楽しいものというイメージになってきたのかな?と感じています。

イヤイヤ期が始まって、笑顔の直後に大泣きされるのですが……。

そのうち「(こんに)ちは!」と笑顔で言ってくれるのかなと楽しみにしています。

 

 

コメント
コメントする

7