JUGEMテーマ:絵本紹介

 

寝かしつけに悩んでいるお母さん・お父さんは多いと思います。

我が家は幸運なことに、とてもよく寝る息子で寝かしつけや夜泣きで深く悩んだ事があまりありません。

生まれた時からよ〜く寝る子で、泣く時もすごくささやかな声で「ふぇぇん……」と泣く子でした。

夜も眠ると夜中に一度少しぐずるくらいで、腕枕をしたり抱っこしたりすればすんなりと落ち着いてくれました。

ただ、一歳半を過ぎた頃から、どうしてもお昼寝してくれない。

保育園ではみんなと一緒にぐっすり寝ているらしいのですが、おうちが嬉しいのか母ちゃんが居るのが嬉しいのか、遊びたがって寝ない……。

息子よ……今寝ないと夕方に大泣きして大変なのはお前なんだぞ……。

その頃、テレビでものすごいに話題になり、職場にも大量に入荷していたこちらの寝かしつけ絵本を購入してみました。

 

『おやすみロジャー』 カール=ヨハン・エリーン 三橋美穂・訳 (飛鳥新社)

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本 [ カール=ヨハン・エリーン ]

価格:1,399円
(2017/8/9 14:19時点)

試し読みはこちら

 

 

寝かしつけ絵本の新定番

この2年ですっかり寝かしつけ絵本として定着した『おやすみロジャー』。

夜、なかなか眠れないうさぎのロジャーと「きみ(つまり読んでいる子ども)」。

ロジャーのお母さんに相談すると、世界一の魔法使いでだれでも眠らせてくれるあくびおじさんに会いに行こうと言われます。

ロジャーとお母さんと「きみ」は、はらっぱを抜けて、いろんな人(動物)に会って、あくびあじさんに会いに行きます。

そして帰って来て、ベッドに入って眠りにつく――というストーリー。

でもこのストーリー自体は寝かしつけにそんなに影響を与えません(多分)。

起承転結はありますが、盛り上がるところはなく、淡々と物語は進んでいきます。

 

 

 

読み聞かせ初心者でも安心

この絵本、最初に「読み方の手引き」がついています。

読み方をしっかり指定されているのです(でも絶対にそうしろとは書いていません。ご安心ください)

例えば

 この本はゆっくりと、できるだけおとぎ話にふさわしい声で、他のことにいっさい邪魔されない環境で読みきかせてください。そうすることで子どもがリラックスし、落ちついて眠りやすくなるのです。(3ページ6行目)

 お子さんは絵を見ながら聞くよりも、むしろ横になってお話だけを聞くほうがいいでしょう。(3ページ12行目)

とアドバイスのように書いてくれています。

そして読み聞かせに慣れてきたらと前置きをして

・太字の箇所は、言葉や文を強調して読む。

・色文字の箇所は、ゆっくり、静かな声で読む。

のように細かに読み方を指示してくれています。

心理学に基づいて言葉を選んで文章を組み立てているとのことで、この指示も心理学等々に基づいたものとのこと。

書いてある指示通りに読めるのは元演劇部とかそういった方のような気もしますが、大丈夫です。

単調な読み方の母ちゃんでも効果ありました。

 

 

 

いつも一時間かかるところ、20分で就寝

指示では、お話だけ聞かせなさいとのことですが、息子は絵本をめくるのが大好き。

なのでこの指示に従えず、いつも息子を一緒にめくりながら読んでいます。

初めて読んだのは、1歳半のお昼寝の時でした。

いつもは一時間の攻防の末、「無理矢理寝かしつけてくる母ちゃんなんて嫌いじゃ〜!」と泣きながら眠る息子。

文字だらけの絵本なのに面白いのかしら……と疑問なのですが、母ちゃんと一緒にめくる!のが楽しいようなので良しとします。

その代わり太字や色文字の指示にはなるべく従うように努力して読み聞かせてみました。

(うまくないので読みながら、強調してるんだからゆっくり読んでるんだかなんだか区別がつかない感じになってましたが)

強調したり、ゆっくりしたり、とこちらも意識しながら読んでいるので、読み進めるスピードもゆっくりめ。

息子はじっと黙って絵本を見つめながら聞いている様子でした。

しかしこの絵本、読んでいる方も眠くなってくる……。親にも効くのか……。

とあくびをしながら半分程読み進めた頃、息子が大きなあくびをしました。

おお!と思ったもののここで場の空気を乱しては……と淡々と読み進めていたところ、あっという間に寝息を立てて眠ってしまいました。

ここまで20分弱!いつもの一時間はなんだったのか!

そそくさと洗濯やらお掃除やら、家事をする時間がいつもより多めに持てて大変に助かりました。

2歳半になった最近は、絵本よりも母ちゃんの腕枕か胸枕が良いらしいので出番は少し減りましたが、時々思い出したように読み聞かせしています。

そしてやっぱりすぐ寝る。そして母ちゃんも少し眠くなる……。

 

 

CD付やシリーズもおすすめ!

絵柄がちょっとリアルめで、可愛いとは言い難いのですが、それは出版社側もわかっていたようです。

第二弾『おやすみエレン』は「ロジャーの絵が苦手だった方にもおすすめ!」と公式サイトでも言っていました。

 

おやすみ、エレン [ カール=ヨハン・エリーン ]

価格:1,399円
(2017/8/9 15:04時点)

 

プレゼントには2冊組セットもおすすめです。

「おやすみ、ロジャー」「おやすみ、エレン」魔法のぐっすり絵本セット(2冊セット) [ カール=ヨハン・エリーン ]

価格:2,799円
(2017/8/9 15:04時点)

どうしても読むのが苦手なのよ!という方は、朗読CD付も出版されています。

おやすみ、ロジャー朗読CDブック ([CD+テキスト]) [ カール・ヨハン・フォルセン・エリーン ]

価格:1,399円
(2017/8/9 15:05時点)

しかも朗読しているのは人気声優の水樹奈々と中村悠一。びっくりした!

羊でおやすみシリーズ(かつて流行った人気声優が耳元で羊を数えてくれるCD)を思い出した母ちゃんは悪くないと思う……。

 

 

 

 

コメント
コメントする

7