JUGEMテーマ:絵本紹介

 

赤ちゃんとの遊びの定番・いないいないばあ。

なのでやっぱり絵本もいろんな種類の絵本が出ていますよね。

以前紹介した『いないいないばあ』は長男が大好きで何度も何度も読みました。

次男・三男も勿論気に入って読んでいます。

ところが、1歳を過ぎた頃。

三男のお気に入り絵本に変化が現れました。

 

  • 『いないいないばああそび』 きむらゆういち (偕成社)

あかちゃんのあそびえほん2 いないいないばああそび きむらゆういち 絵本 子供 赤ちゃん 幼児 おすすめ 人気 知育 0歳 1歳 2歳 誕生日 誕生日プレゼント 出産祝い

価格:734円
(2018/10/18 00:21時点)

こちらも鉄板中の鉄板。定番商品・あかちゃんのあそびえほんシリーズの一冊です。

シリーズ全般が簡単な仕掛け絵本になっています。

「いないいないばあ」以外にも、「あいさつ」「トイレ」「はみがき」等々いろんなテーマで出ています。

長男が1歳を過ぎた頃に購入しました。

当時の長男は、読み聞かせれば喜ぶし、気に入ってはいるけれど、

自分で手を伸ばす程ではない……といった様子でした。

そういう訳でおもちゃも絵本もガチャみたいなもんだしね〜と本棚に眠っていたのですが、

2年の時を経て、三男の目に止まったようです。

 

 

単純明快!赤ちゃんにもわかりやすい

内容は至ってシンプル。

動物や怪獣、お友達が見開きいっぱいにいないいないばあ!をしているのの繰り返し。

みんな顔を手で隠しているのを、仕掛けをめくると……ばあ!とお顔が出てきます。

以前紹介した『いないいないばあ』もページをめくると顔が出てきますが、

少し溜めて、いないいない……ばあ!でページをめくる、という流れでした。

それに対してこちらは見開きでどんどんいないいないばあの仕掛けが繰り返し出てくるのでテンポが速い。

それが三男には分かりやすいのでしょう。

ページをめくって「ばあ!」。

ページをめくって「ばあ!」。

と、自分でページをめくりながら「ばあ!」と声を上げてニコニコしています。

お気に入りはことりさんとねこさんのページで、そのページになると

 

 

いけいけどんどんタイプの子と相性が良い?

長男と次男もこの絵本を楽しんではいますが、三男程ではありませんでした。

なんとなく、性格の違いかな〜と感じています。

 

長男は慎重派。お友達の輪にも即入らず、隅でしばらく見てから入っていくタイプでした。

→この絵本を読むと、「ばあ〜」と言いながら指さして微笑み

 

次男はお坊ちゃんタイプ。絵本はめくって欲しいなぁ。だっこして欲しいなぁ。とおとなにやって貰うのが大好き。

無言真顔。絵本ではなく隣で喜んでいる三男の顔を見て笑っています。

 

三男はいけいけどんどんタイプ。布団があれば登る。玩具は即お口へ。

→「ばあ〜!」と大爆笑早く次をめくれ!と自らページをめくってくれます。

 

慎重派の長男にとっては、この絵本よりも、少し溜めてからのいないいないばあ!の方がワクワクしたのかな〜。

逆に積極的な三男には次々に「ばあ!」とお顔が出てくるのが賑やかで楽しいのかな〜。

と勝手に想像しています。

 

 

 


持ち歩きに便利な小振りのおでかけ版も

我が家で愛用しているのはおでかけ版という少し小振りのもの。

いないいないばああそび 0・1・2才のほん おでかけ版

価格:842円
(2018/10/18 00:23時点)

通常版より小さく、厚みはありますがカバンに入れても通常版ほどかさ張りません。

絵本振り回されて鈍器になりそう……だったのでおでかけ版にしたのですが、

持ち歩くのにも便利だし、赤ちゃんが持つのにも大き過ぎずちょうど良いサイズ感だし。

おでかけ版にして良かったかな、と思っています。

病院受診時には高確率でお世話になっています。ありがたやありがたや。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする

7