JUGEMテーマ:絵本紹介

 

息子は乗り物が大好き。

車、船、電車、汽車、飛行機、なんでも好きですがやっぱり一番は車。

かっか(おかあさん)やちち(おとうさん)よりも先に覚えた単語の一つが「ぶっぷ」。

そんなのりもの大好きマンの一押しえほんがこちら。

 

  • 『のせて のせて』松谷みよ子 赤ちゃんのほん(童心社)

のせてのせて (松谷みよ子あかちゃんの本) [ 松谷みよ子 ]

価格:756円
(2017/7/5 12:55時点)

 

 

 

のせてのせて!と動物が手をあげる

 

以前紹介した『いない いない ばあ」と同じシリーズの一冊。

こちらは購入したものではなく、夫の実家の押し入れからの発掘品の一冊。

若干今のものと表紙の手触りと紙の手触りが微妙に違う?ような?気もしますが中身は同じ。

おとこのこ・まこちゃんが「まこちゃんのじどうしゃですよー」と走っていると

色んな動物たちが道端で手を挙げて「のせてのせて!」とお願いしてきます。

うさぎさんにくまさん、ねずみのかぞく。

みんなを乗せてトンネルを抜けて、まこちゃんのじどうしゃは走っていく、というお話。

シリーズどの絵本もそうですが、同じフレーズの繰り返しが多く、リズム感があって読み聞かせる方も楽しくなってきます。

 

 

 

ぶっぷとトンネル

 

車大好きマンの息子はめくってもめくってもぶっぷの出てくるこの絵本が相当気に入ったようで、

2歳になる頃まで2日に1回は「これ読んで〜」と言わんばかりに本棚から引っ張り出してきました。

そういえば2歳半になる最近はあまり読んでって言って来ないな……と思ったのですが、

先日夫が買ってきた古いトミカのえほんの方に夢中になっているようです。

リアルなぶっぷの方に興味が移行してきたのかも?

でも絵本を忘れた訳でもないようです。

保育園から帰ると家の周りを散歩しながら走ってくるぶっぷと近くの線路を走る電車をチェックするのが日課の息子。

歩いて3分ほどの高架下のトンネル(というほどでもないですが)を潜って、回れ右して帰るのが定番なのですが、

トンネルに入るときに絵本の

「トンネルトンネルトンネルトンネル まっくらまっくらまっくらまっくら」

のフレーズを諳んじてあげると、にこにこしながら声に合わせて歩いています。

散歩をするようになってからトンネルのシーンを読んであげると

知ってるよ!と言わんばかりに「あー!」と声を上げて絵を指さすようになりました。

息子の中で「トンネル」が実体験を結びついた証拠なのかなと感じています。

 

 

 

赤ちゃんのほんシリーズに外れなし

 

他にも何冊か赤ちゃんのほんシリーズを持っていますが、

大体どれも満遍なく気に入ってくれているように思います。

好みはそれぞれあるようですが、さすがにロングセラー絵本なだけあって外れなし。

セットもあるのでプレゼントにもおすすめですが、反面すでに持っている可能性も無きにしも非ず……。

松谷みよ子あかちゃんの本Aセット(3冊入) [ 松谷みよ子 ]

価格:2,268円
(2017/7/5 13:21時点)

松谷みよ子あかちゃんの本(全9巻セット) [ 松谷みよ子 ]

価格:6,912円
(2017/7/5 13:21時点)

ですが、小さな子が気に入って読む絵本は本当にボロボロになります。

我が家の絵本もべりべりのボロボロになってセロテープやマスキングテープであちこち補修されています。

もし下のお子さんが居るようでしたら、手持ちの本と被っても予備として扱ったり1人1冊ずつ「僕/私のえほん」として持たせることもできますし、あまりに気にすることはないのではないかと思います。

書店のお客様も「子どもが気に入っていたのだけどすごい状態になってしまったので新しく買いたい」とお問い合わせいただくことも少なくありません。

本を大事にすることもとても大切ですが、小さいうちは気にせず本を読むのって楽しい!という体験をさせてあげたいなと書店員としても親としても思います。

大人だって気に入った本は擦り切れるまで読んだりしますしね。

 

 

コメント
コメントする

7